お知らせ
上海インター情報その他子連れ上海情報等は(続)子供と一緒に楽しもう!(本編)をご参照下さい。

Molly

Author:Molly

ただ今読書中(長男ゴンG6)
*ファンタジーものばかり読むので、毛色の違うお勉強系も読ませてみました。が、「話がつまんな〜い♪」・・・と、なかなか進まず。チャプター毎にクイズがついていて、巻末には出て来た単語の説明まで付いていて辞書要らずで読めます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)


*上海の外文書店にて発見、飛びついて買ってました(涙)。またフィクションだわよ。しかも続き物(涙涙)。
  The Mysterious Benedict Society

ただ今読書中(長男ゴンY6)

LOTR3巻目。2014年夏休み中に読み切り。気に入ったセリフや文章をなぜかポストイットに書き写し、そのページ毎に本の上部分に貼付けちゃったりして、スゴイ事になってます。今やLOTRはゴンのバイブル的存在(汗)。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

ロミジュリ、ジュニア版。
Romeo and Juliet (Shakespeare Stories)

ハムレット、ジュニア版。
Shakespeare Shorts: Hamlet

同じくジュニア版シェイクスピアシリーズのオセロ。このシリーズとっても薄くて簡単なので小学生中高学年にはおすすめかも。各ストーリーの巻末に、悲劇(喜劇)のポイントとなる要素と、シェイクスピアとグローブ劇場についての説明が見開き2ページでさらっとまとめて書かれています。
Shakespeare Shorts: Othello

ジュニア向けシェイクスピア作品シリーズ。ページ数も60数ページで簡単なので3、4年生ぐらいから読めます。
Shakespeare Shorts: Henry V


パーシージャクソン4巻目。
Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth

またまたパーシージャクソン・シリーズ、第三巻。
Percy Jackson & the Olympians #3 - The Titan's Curse


ヒープ一家の7番目の息子、セプティマスが生まれて亡くなったと告げられ助産婦が連れ去ってしまった日、父のサイラスは林の中で包まれた赤ん坊の女の子を拾います。長男ゴン、魔法使い系ファンタジー・シリーズにまたもや足を突っ込んでおります。
Septimus Heap, Book One: Magyk Special Edition



パーシージャクソン・シリーズに再度ハマった長男ゴン、早速本屋で見つけた児童用ギリシャ神話の本を1日で読み切ってました。っていうか。11歳なんだし、キミもうすぐミドルスクールなんだからさ〜、もうちっと大人向けのギリシャ神話の本読もうよ〜(汗)と言いたいぐらい簡単です。次男(8歳)ぐらいが読むのにちょうど良さげなレベルでした。(ちなみにゴンの時はY3でギリシャ神話を授業でやったはずなのに。ギリシャも行ったっちゅーのにヤツめ、覚えてないし!)ギリシャ旅行前に読ませるべき本かも。
Greek Myths (Classic Starts)


新しい学校の同じY6のお友達の間で流行っているというのでパーシージャクソン・シリーズに舞い戻り。半神デミゴッドの男の子の話、2巻目。
Percy Jackson and the Olympians, Book Two: The Sea of Monsters (Movie Tie-In Edition) (Percy Jackson & the Olympians)


ファンタジー大好きゴンですが、お引越や転校も重なって心身ともに読書できる環境下に置かれておらず。ロードオブザリング2巻目はのんびりペースで読み進めております。モスクワのインターの、クラスで取り組んでいた読書記録ブログ更新も読書ペースを早めるのにかなり貢献していた模様です。←(読書記録アップ数が多くなればなるほど自分の名前がブログ内でデカく表示されるのに喜びを感じていたゴンなもんで。汗)
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2
自宅でやってます(Y6長男)
今後また受ける予定は全くないんですけれども。念のため学年相応の必須語彙&レベルチェック用。
Cracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation)
キッズのお気に入り
子供達の最近のお気に入り。ドバイ→上海行きの飛行機の中で、歌いながら観ていました(汗)。
Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014


同じくドバイ→上海行きの飛行機の中で観たThe Book Thief.第二次大戦中にナチスドイツ支配下におかれた街でユダヤ人青年マックスをかくまうリーゼルとその養父母一家のお話。養父役のジェフリー・ラッシュ(パイレーツオブカリビアンのバルボッサ役)とルディ役の男の子がめちゃ良かったです。目から涙、鼻から鼻水。
The Book Thief [Blu-ray] [Import]

原書The Book Thief

は小学生高学年でも読めるので、IBスクールPYPのトピックWar and Conflictでも使えそう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「番外編」化のお知らせ

**この記事は2014年10月8日付けのものです**

現在(続)子供と一緒に楽しもう!上海時々マレーシア編
使用させて頂いているアメーバブログでは、
「ブログ側面部分の読書記録が4、5冊程度しか残せない」という大きな弱点がありまして、
せっかくの子供達の読書記録も
数冊だけの選りすぐりしか載せられない状態です。

物忘れ激しすぎる四十路母にとっては、
ブログ内の読書記録を付けるのがもはや趣味の域にまで
達しているため、

子供たちの成長に少なからず影響を与えているであろう読書記録も
残しておきたく思い、

元々のFC2ブログを「番外編」として
読書記録用に更新していくことに致しました。


「インターに通っているが英語力がまだ足りないので
英語力補強用の問題集が知りたい」、とか、

「海外のインター生何年生だとどれぐらいの本が読めるものなのか?」、

「日本で英語教育をしているが
海外ではどれぐらい通用するだろうか?」、

そういった素朴な疑問を解決できるような
記録が残せればいいなと思います。←(あくまで希望)






スポンサーサイト
THEME:海外で育児 | GENRE:育児 | TAGS:

Alice's Adventures in Wonderland

我が家にはアリスの本が3冊も有りました。
別にアリス大好き♪というわけではないんだけれど。ワタシのキャラに合わないし。汗

本屋でつい、表紙が可愛くて買ってしまったのが
パフィン・チョークシリーズのこちら。

Alice's Adventures in Wonderland (Puffin Chalk)


大人の手の平サイズとでも言いましょうか。
あと一回り大きければ小学生にも読みやすくなるんだけれど。

挿絵が多くて味のある絵なのも手伝って、
うちのショウでも一日1チャプターのペースで読めています。

ただ、1チャプターが4〜8、9ページほどあるので
ピノッキオのコレクターズ版*よりも一日あたりの集中力が長く必要になります。
*Pinocchio (Everyman's Library Children's Classics)

(こちらのピノッキオコレクターズ版、一チャプターは短いですが、全36チャプターもあるので
逆の意味で忍耐力が必要かも・・・)



上記2冊とも、挿絵もあまりカラーがないし絵本や子供むけのクラシックとちがって
地味なので、最初は取っ付きにくいかもしれませんが、

チャプターブックが自力で読み切れてかつ
絵本や子供向けすぎる内容にイマイチ食いつきがわるい
特に小学4〜6年生ぐらいの、
ちょっと背伸びしてみたい微妙なお年頃のお子さんには
クラシック入門としてはなかなか良いと思います。


これはポップアップ版。
パフィンチョーク版を読みながら、ときどき
こちらのポップアップも見て楽しみながら読んでます。

Alice's Adventures in Wonderland (New York Times Best Illustrated Books (Awards))



THEME:英語de子育て | GENRE:育児 |

The Mark of Athena :Rick Riordan

あいかわらずお花畑ファンタジー頭満開の長男ゴン、

パーシージャクソンシリーズの続編、オリンポスのヒーローシリーズの3巻目を
借りてきて読んでおります。
2巻目も週末3日間で読み切ってしまえるぐらいイージーリーディング系です。

The Heroes of Olympus Book Three The Mark of Athena (Second Int'l Paperback Edition)



このシリーズはパーシージャクソンシリーズからスピンオフした?ような、
パーシー時代以外のキャラが活躍するのだけれど、
パーシーシリーズのキャラも随所に登場するという形の物語なもので、
パーシーシリーズでハマってしまうと、こちらオリンポスシリーズまで
読まなければ気が済まなくなる?!・・・という危険性アリ。

G5、6ぐらいの英語力であれば
辞書無しでさらっと読めてしまうレベルなのも
手軽に読みたいキッズに受けている要因の一つかと思われます。

もう少しクラシックかノンフィクションに目を向けてもらいたいものですが、
やはり、簡単に読み切れてしまうもののほうにまだまだ手が伸びる年齢のようですね。。。

多読の手始めには向いているのかもしれません。




THEME:海外で育児 | GENRE:育児 |

ブログ(仮)お引っ越しのおしらせ。

ただいまワタクシども、ネット規制の厳しい中国大陸に居りますもんで、

VPNという有料の、中国国外のネットサービスを経由してFacebookやYouTube

なんてものを見たりさせていただいております。


こちらのFC2ブログも、もれなく中国当局の規制の対象となっておりまして、

記事の画像アップだけでも丸一日を費やして←(大袈裟〜)しまうほどに

繋がりが悪うございましてね、


あまりのつながりの悪さに、

「ええい、もうブログなんて、やめっちまえぃっ!」と、

星一徹のごとく、ちゃぶ台ひっくり返したくなる←(・・・さらに大袈裟〜)気分に

ままなるわけでございます。


ただでさえ自由のきかない海外暮らしゆえ、
(とは言ってもココは以前よりほんのちょびっとマシ・・・?なんだろうか???)

余計なストレスは溜めないに限る!ということで、

いままでも「余計なストレスの根源」なるものを、各地で

ガンガンとぶった切ってなんとか正気を保って参りましたものですから、

まずはこちらの「画像アップできないブログ」からの脱却を図ってみることに

いたしました。


個人的にはFC2、シンプルで好き勝手に貼付けられて、
(余計なアイドルやら芸能人やらの宣伝も見なくていいし、)
お気に入りなんでねぇ、

出来ればこちらで続けられれば良かったんですが。


またネット環境良好な場所に移りましたら
こちらに戻って来れたら良いな♪な〜んて思っております。

そんなわけで。

新生?「(続)子供と一緒に楽しもう!上海・時々・マレーシア編」

細々と上記リンクにて続く!(・・・つもり)。




THEME:海外で育児 | GENRE:育児 | TAGS:

蘇州日帰りバスの旅:虎丘(タイガーヒル)、留園、水郷周庄 with 大家族2014

一時的に大家族となっている我が家@上海

週末第一弾は蘇州(Suzhou)日帰りバスの旅、記録。

上海→蘇州、虎丘→留園→周庄古鎮→上海戻りのコースです。

****************


我ら10人家族、朝からツアー会社の小型バスに乗りまして
いざ、蘇州へ!!!

高速を走ること約2時間弱、
もうついてしまいました@蘇州。

今回はツアー会社に丸投げではあるものの、
料金体系は、バスレンタル代と運転手代だけで
行きたいところを自由に選べる方式をとったので

観光地についてからのアトラクションその他観光名所への入場券は
各自で購入するため、チケット売り場で毎回、並びます。

どこへ行っても人が多い@中国。

まずは蘇州一の名所といわれるタイガーヒル(虎丘)へ。
蘇州







チケット。大人60元、150センチまで(だったと思う)の子供30元
蘇州








橋を渡って虎丘のある側へ。
蘇州









まだ先は遠い。
蘇州










入ってからが結構歩く。
蘇州








全体図
蘇州


・・・・を観て、足腰が弱くてあまり歩けない義父母、一気に行く気が失せてしまったが、




なんともラッキー♪なことに、
丘の上まで連れて行ってくれるカートまたは馬車がありまして。
(もれなく有料ですが・・・)









馬車は10人大家族では一度に乗れない大きさだったので、
我らはカートに乗って丘の上へ。




すれ違う馬車

蘇州











水路では優雅に?渡り舟。
蘇州









茶畑?
蘇州









カートに乗る事約5、6分(徒歩だと上り坂を15〜20分登る)
中国の斜塔にたどり着きました。

見事な傾き加減であります!

蘇州


『蘇州に来て虎丘を遊覧しないのは遺憾』と、宗代の大詩人蘇東玻氏が
言ったんだそうで、
それ以来、観光客はこの「虎丘」目指してやってくるようになったそうな。
この地はなんと、2千5百年の歴史があり、
さらに「国家5A級」の観光地として認定されているほどの名所だそうです。
(By虎丘ホームページ








大殿内のリビングルーム
蘇州

風通しが良く、眺め良好、とプレートに書かれてありました。






丘を降りながら、剣池を通り過ぎ、


蘇州






さらに池を通り過ぎ、

蘇州









下界へ降ります。
蘇州














我ら一行はさらにバスにのること15分程度、

次の観光地、「留園」(Lingering Garden)につきました。
大人40元、子供20元也。(2014年現在)

蘇州

留園:中国四大名園のうちの一つ、
明代、1593年に作られ、その後幾度か名前や持ち主が変わり、
荒れては修繕を繰り返し、1997年にはユネスコ世界文化遺産として
登録されるにいたる。(By 留園ホームページ、を概略)

総敷地面積23,300㎡とかなり大きいです。






蘇州









書斎
蘇州








夏は涼しげ、冬は激寒だろうな・・・、と容易に想像出来る扉と庭など。。←(超冷え性。)
蘇州








広い園内には盆栽ガーデンやぶどうの木などがなっておりました。
蘇州










さて、すっかり観光客化した我ら、
次の観光地をめざして、さらにバスで移動します。

蘇州



「曇り」なのか、「大気汚染」なのか、「両方とも」なのか、
今ひとつよく分からない空模様。







バスに乗り込んだ(庭園なんぞには興味のない)キッズたちは、
もう帰路についたんだとばかり勘違いしていましたが、

30分〜40分もかからずに次の観光地についてしまい、
またバスから下車しなければならないことに
ブーイングの嵐。。。








次の観光地、「周庄古鎮」(Zhouzhuang)に到着。
蘇州



周庄古鎮は約900年以上前に創られた水郷で、
宗時代に造られたの全福讲寺(Quanfu temple)や
双橋(Fuhong bridge)に周庄博物館など、
見所がたくさん。(By周庄ホームページ




「古い町の観光入り口」と、分かりやすすぎる日本語訳!
蘇州










こちらは入場料大人も子供も100元。
蘇州










水郷地図。
蘇州









ザ・水郷!な構図。
蘇州












今回は船にも乗ってみました。
(6名までで一艘100元ぐらい)
蘇州











船頭さん、「チップ20元くれたら、ゆかりの歌を歌って差し上げます♪」
と、いきなり歌い出す、の図。

蘇州
(ちなみに語学はトホホなワタクシ、中国語会話はほとんど分からないので、
内容は大家族の誰かが通訳してくれているという。汗
ここではすっかり「お荷物さん」です。)












船を降りまして、町を散策中。
蘇州












「そこらの既製品じゃなくって、ウチのは手作りですよ〜」感を演出する、織り機など。
蘇州





こちらの水郷内にも複数の宿泊施設等が整って(?)いるとのことで、
水郷の夜景を楽しみたい場合は一泊するなどして古き良き時代の水郷暮らしを
体験できるようにもなっているのだけれども、

ハイテク化に慣れ切ってしまった昨今の子連れの場合は
「古き時代の情緒」=「ボロい」と勘違いされそうなので、
「歴史」や「古いものの良さ」が充分に理解できるような年齢になってから
お泊まりしたほうが良いかも知れません・・・。


水郷周庄からはバスで約1時間ちょっとで上海まで戻って参りました。



大家族おでかけ記録2014は、あとちょっとだけ続く。

THEME:海外で育児 | GENRE:育児 | TAGS:
検索フォーム
ただ今読書中(次男ショウY4)

パフィン・チョークシリーズのクラシック版。中身はマスマーケット版の安い本と同じですが、挿絵の数がより多くて表紙の絵も素敵です。紙の端部分がわざと不揃いになっていて「昔風の装丁」っぽいのがオシャレ。一日1チャプターで読んでます。
Alice's Adventures in Wonderland (Puffin Chalk)

次男、このシリーズばかり図書室で借りてきます(涙)。
Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets


・・・なもんで、家では課題図書?としてこちらを一日1チャプター音読させております。
このハードカバー・コレクターズ版の良い所は、挿絵が美しくて、しかも、1チャプターが2〜5ページ以内で終わるところ。毎日1チャプター読ませても10分以内で済むのが超便利。ディズニーアニメしか知らなかったワタクシなどにとっても原作のピノッキオの奥深さを改めて認識させてくれた本であります。単語が所々難しいので、親子で一緒に読むのにおすすめ。ミドルスクーラー以上のお子さんだったら一人で読めます。
Pinocchio (Everyman's Library Children's Classics)
ただ今読書中(次男ショウY3)
次男のお気に入りウィンピーキッズシリーズ第8巻。自分でダイアリーを「作る」←(「書く」では・・・?)と言い出すほどの影響力。
Diary of a Wimpy Kid #8 - Hard Luck


相変わらずWimpy Kidsシリーズにばかりハマっている次男を見かねたパパが英語の本屋で「中国にいるならこれを読めっ!」と勧めたのがこちらのマルコポーロ。少年時代に中国に滞在し、フビライ・カーンに仕えていたころなどのマルコポーロの様子も簡単な英語で書かれているのでちょうど2〜3年生レベルに最適。
Who Was Marco Polo? (Who Was...?)
自宅でやってます(Y3次男)
学業面でも相変わらずマイペースすぎる(涙)次男むけ。
Scholastic Success With Reading Comprehension, Grade 2


中身は↓こちらと全く同じ。下が旧バージョン、上は新バージョンです。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。