FC2ブログ
お知らせ
上海インター情報その他子連れ上海情報等は(続)子供と一緒に楽しもう!(本編)をご参照下さい。

Molly

Author:Molly

ただ今読書中(長男ゴンG6)
*ファンタジーものばかり読むので、毛色の違うお勉強系も読ませてみました。が、「話がつまんな〜い♪」・・・と、なかなか進まず。チャプター毎にクイズがついていて、巻末には出て来た単語の説明まで付いていて辞書要らずで読めます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)


*上海の外文書店にて発見、飛びついて買ってました(涙)。またフィクションだわよ。しかも続き物(涙涙)。
  The Mysterious Benedict Society

ただ今読書中(長男ゴンY6)

LOTR3巻目。2014年夏休み中に読み切り。気に入ったセリフや文章をなぜかポストイットに書き写し、そのページ毎に本の上部分に貼付けちゃったりして、スゴイ事になってます。今やLOTRはゴンのバイブル的存在(汗)。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

ロミジュリ、ジュニア版。
Romeo and Juliet (Shakespeare Stories)

ハムレット、ジュニア版。
Shakespeare Shorts: Hamlet

同じくジュニア版シェイクスピアシリーズのオセロ。このシリーズとっても薄くて簡単なので小学生中高学年にはおすすめかも。各ストーリーの巻末に、悲劇(喜劇)のポイントとなる要素と、シェイクスピアとグローブ劇場についての説明が見開き2ページでさらっとまとめて書かれています。
Shakespeare Shorts: Othello

ジュニア向けシェイクスピア作品シリーズ。ページ数も60数ページで簡単なので3、4年生ぐらいから読めます。
Shakespeare Shorts: Henry V


パーシージャクソン4巻目。
Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth

またまたパーシージャクソン・シリーズ、第三巻。
Percy Jackson & the Olympians #3 - The Titan's Curse


ヒープ一家の7番目の息子、セプティマスが生まれて亡くなったと告げられ助産婦が連れ去ってしまった日、父のサイラスは林の中で包まれた赤ん坊の女の子を拾います。長男ゴン、魔法使い系ファンタジー・シリーズにまたもや足を突っ込んでおります。
Septimus Heap, Book One: Magyk Special Edition



パーシージャクソン・シリーズに再度ハマった長男ゴン、早速本屋で見つけた児童用ギリシャ神話の本を1日で読み切ってました。っていうか。11歳なんだし、キミもうすぐミドルスクールなんだからさ〜、もうちっと大人向けのギリシャ神話の本読もうよ〜(汗)と言いたいぐらい簡単です。次男(8歳)ぐらいが読むのにちょうど良さげなレベルでした。(ちなみにゴンの時はY3でギリシャ神話を授業でやったはずなのに。ギリシャも行ったっちゅーのにヤツめ、覚えてないし!)ギリシャ旅行前に読ませるべき本かも。
Greek Myths (Classic Starts)


新しい学校の同じY6のお友達の間で流行っているというのでパーシージャクソン・シリーズに舞い戻り。半神デミゴッドの男の子の話、2巻目。
Percy Jackson and the Olympians, Book Two: The Sea of Monsters (Movie Tie-In Edition) (Percy Jackson & the Olympians)


ファンタジー大好きゴンですが、お引越や転校も重なって心身ともに読書できる環境下に置かれておらず。ロードオブザリング2巻目はのんびりペースで読み進めております。モスクワのインターの、クラスで取り組んでいた読書記録ブログ更新も読書ペースを早めるのにかなり貢献していた模様です。←(読書記録アップ数が多くなればなるほど自分の名前がブログ内でデカく表示されるのに喜びを感じていたゴンなもんで。汗)
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2
自宅でやってます(Y6長男)
今後また受ける予定は全くないんですけれども。念のため学年相応の必須語彙&レベルチェック用。
Cracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation)
キッズのお気に入り
子供達の最近のお気に入り。ドバイ→上海行きの飛行機の中で、歌いながら観ていました(汗)。
Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014


同じくドバイ→上海行きの飛行機の中で観たThe Book Thief.第二次大戦中にナチスドイツ支配下におかれた街でユダヤ人青年マックスをかくまうリーゼルとその養父母一家のお話。養父役のジェフリー・ラッシュ(パイレーツオブカリビアンのバルボッサ役)とルディ役の男の子がめちゃ良かったです。目から涙、鼻から鼻水。
The Book Thief [Blu-ray] [Import]

原書The Book Thief

は小学生高学年でも読めるので、IBスクールPYPのトピックWar and Conflictでも使えそう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水郷、江南古鎮朱家角に行ってみた。

少し前の週末、パパの友人一家が上海市内から車で1時間程度の場所にある
水郷、朱家角(Zhujiajiao)に連れて行ってくれました。

*******************


上海近郊には水郷がいくつかある(らしい)のですが、
今回連れて行ってもらったところは
1,700年以上の昔、明朝時代から存在する水郷の一つだそうで、
昔は米市場として栄えた、らしい。(By 朱家角のホームページ)

その昔、宗、元王朝時代からも存在はしていたけれども、
明朝第14代目の万暦(Wanli)帝の時代に正式な街として認識され、
現在でも川沿いには9つの路地が、そしていくつかの小川の上を渡るための
36もの石橋が残っている、という。(By 同上)




駐車場にも地図が。

朱家角







水郷朱家角はこちら。
朱家角








おおっ!水郷!
朱家角









屋形船風のリバークルーズ有り。
(片道60元、往復120元也。2014年現在)
朱家角





さて。
この日は、連れて行ってくださったパパの友人が
なんと、某ライブに参加するとのことで、

人ごみの中、アウトドア・ライブ会場へと足を進めまして、
しばらくライブ音楽および踊りなどを鑑賞させて頂いたのち、
あまりの人ごみの多さで子供達が酸欠になりそうでしたので、

新鮮な空気を求めて水郷観光へと向かいました。

ここは、・・・フリーマーケット?
朱家角






名所カード?に、
朱家角






天守閣風の寺、
朱家角







そして人ごみ!
朱家角







交通整備のおじさんが拡張器片手になにやら叫ぶ中、
通行人達がみな苦笑していたものですから
パパに通訳してもらいましたら、

「5月の連休に来たら今よりもっと混んでますよ〜、
ぜひ5月に今以上の混み具合を体験するように〜」などと、

イマイチ「それって交通整備になってんのか?」的な発言が続いていた、らしい。

中国人もなかなかにお茶目な人がいるとみた。



あまりに人が多過ぎたので、茶屋に入ってお茶でもと思っても、
座る場所さえもなく。



店内のショーケースをブラブラと見て歩く我ら。。。。
The MAOs!
朱家角






茶器!
朱家角









橋からみた川沿いのレストランに、
朱家角






調理済み肉屋!
名物、Zharou(扎肉)という、らしい。
朱家角








昔なつかし、りんご&いちご飴に、
朱家角










技ありデコ飴を、
朱家角







食らう!
朱家角










そしてパパがその昔、若かりし頃(10代)に、
台湾に行った際、どうしても勇気がなくて食せなかった!!という
積年の想い詰まった「臭豆腐」が、
道ばたのあちらこちらに屋台をだしており、
この美しい水郷に似つかわしくない異臭を発しておりまして。

「今でしょっ!」←(あー書いちゃったよ。これだから四十路ってヤツは。。。)てことで、

20数年想い続けた臭い豆腐を食らうパパ。
朱家角


ちなみに、ワタクシ的には
普通の揚げ豆腐のほうが美味しいんとちゃうん?と思いました。はい。スミマセン。









墨画屋などを覗く。
これこそ手に職!憧れます〜、こういうの。
朱家角







夕刻までブラブラと歩き回りました。



お腹も空いて来たので、
こちらで夕食。




これは・・・???

朱家角
次男、ひたすらこのタニシもどきを食らい続けました。。。




ムムム、ムツゴロウ的なお顔の魚・・・

朱家角
長男この魚をがっつく。タレ旨かったです。



ちなみにワタクシはどちらもタレ&ダシだけチャレンジしましたが、
机と椅子(と皿)以外を全て食べ尽くす「中国4000年の歴史」の血が混じる子供達ほどに
チャレンジャーには、なれませんでした。orz
やはり、「血」は侮れません。。






混雑する水郷は、それはそれで活気にあふれて楽しかったですが、
人が去った後の水郷朱家角古鎮もまた、
違ったおもむきがあって美しかったです。
朱家角




(水郷朱家角への行き方は
こちらの「上海ナビ」さんにて詳しく説明されていましたのでご参考まで。)

関連記事
THEME:海外で育児 | GENRE:育児 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ただ今読書中(次男ショウY4)

パフィン・チョークシリーズのクラシック版。中身はマスマーケット版の安い本と同じですが、挿絵の数がより多くて表紙の絵も素敵です。紙の端部分がわざと不揃いになっていて「昔風の装丁」っぽいのがオシャレ。一日1チャプターで読んでます。
Alice's Adventures in Wonderland (Puffin Chalk)

次男、このシリーズばかり図書室で借りてきます(涙)。
Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets


・・・なもんで、家では課題図書?としてこちらを一日1チャプター音読させております。
このハードカバー・コレクターズ版の良い所は、挿絵が美しくて、しかも、1チャプターが2〜5ページ以内で終わるところ。毎日1チャプター読ませても10分以内で済むのが超便利。ディズニーアニメしか知らなかったワタクシなどにとっても原作のピノッキオの奥深さを改めて認識させてくれた本であります。単語が所々難しいので、親子で一緒に読むのにおすすめ。ミドルスクーラー以上のお子さんだったら一人で読めます。
Pinocchio (Everyman's Library Children's Classics)
ただ今読書中(次男ショウY3)
次男のお気に入りウィンピーキッズシリーズ第8巻。自分でダイアリーを「作る」←(「書く」では・・・?)と言い出すほどの影響力。
Diary of a Wimpy Kid #8 - Hard Luck


相変わらずWimpy Kidsシリーズにばかりハマっている次男を見かねたパパが英語の本屋で「中国にいるならこれを読めっ!」と勧めたのがこちらのマルコポーロ。少年時代に中国に滞在し、フビライ・カーンに仕えていたころなどのマルコポーロの様子も簡単な英語で書かれているのでちょうど2〜3年生レベルに最適。
Who Was Marco Polo? (Who Was...?)
自宅でやってます(Y3次男)
学業面でも相変わらずマイペースすぎる(涙)次男むけ。
Scholastic Success With Reading Comprehension, Grade 2


中身は↓こちらと全く同じ。下が旧バージョン、上は新バージョンです。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。