FC2ブログ
お知らせ
上海インター情報その他子連れ上海情報等は(続)子供と一緒に楽しもう!(本編)をご参照下さい。

Molly

Author:Molly

ただ今読書中(長男ゴンG6)
*ファンタジーものばかり読むので、毛色の違うお勉強系も読ませてみました。が、「話がつまんな〜い♪」・・・と、なかなか進まず。チャプター毎にクイズがついていて、巻末には出て来た単語の説明まで付いていて辞書要らずで読めます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)


*上海の外文書店にて発見、飛びついて買ってました(涙)。またフィクションだわよ。しかも続き物(涙涙)。
  The Mysterious Benedict Society

ただ今読書中(長男ゴンY6)

LOTR3巻目。2014年夏休み中に読み切り。気に入ったセリフや文章をなぜかポストイットに書き写し、そのページ毎に本の上部分に貼付けちゃったりして、スゴイ事になってます。今やLOTRはゴンのバイブル的存在(汗)。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

ロミジュリ、ジュニア版。
Romeo and Juliet (Shakespeare Stories)

ハムレット、ジュニア版。
Shakespeare Shorts: Hamlet

同じくジュニア版シェイクスピアシリーズのオセロ。このシリーズとっても薄くて簡単なので小学生中高学年にはおすすめかも。各ストーリーの巻末に、悲劇(喜劇)のポイントとなる要素と、シェイクスピアとグローブ劇場についての説明が見開き2ページでさらっとまとめて書かれています。
Shakespeare Shorts: Othello

ジュニア向けシェイクスピア作品シリーズ。ページ数も60数ページで簡単なので3、4年生ぐらいから読めます。
Shakespeare Shorts: Henry V


パーシージャクソン4巻目。
Percy Jackson and the Battle of the Labyrinth

またまたパーシージャクソン・シリーズ、第三巻。
Percy Jackson & the Olympians #3 - The Titan's Curse


ヒープ一家の7番目の息子、セプティマスが生まれて亡くなったと告げられ助産婦が連れ去ってしまった日、父のサイラスは林の中で包まれた赤ん坊の女の子を拾います。長男ゴン、魔法使い系ファンタジー・シリーズにまたもや足を突っ込んでおります。
Septimus Heap, Book One: Magyk Special Edition



パーシージャクソン・シリーズに再度ハマった長男ゴン、早速本屋で見つけた児童用ギリシャ神話の本を1日で読み切ってました。っていうか。11歳なんだし、キミもうすぐミドルスクールなんだからさ〜、もうちっと大人向けのギリシャ神話の本読もうよ〜(汗)と言いたいぐらい簡単です。次男(8歳)ぐらいが読むのにちょうど良さげなレベルでした。(ちなみにゴンの時はY3でギリシャ神話を授業でやったはずなのに。ギリシャも行ったっちゅーのにヤツめ、覚えてないし!)ギリシャ旅行前に読ませるべき本かも。
Greek Myths (Classic Starts)


新しい学校の同じY6のお友達の間で流行っているというのでパーシージャクソン・シリーズに舞い戻り。半神デミゴッドの男の子の話、2巻目。
Percy Jackson and the Olympians, Book Two: The Sea of Monsters (Movie Tie-In Edition) (Percy Jackson & the Olympians)


ファンタジー大好きゴンですが、お引越や転校も重なって心身ともに読書できる環境下に置かれておらず。ロードオブザリング2巻目はのんびりペースで読み進めております。モスクワのインターの、クラスで取り組んでいた読書記録ブログ更新も読書ペースを早めるのにかなり貢献していた模様です。←(読書記録アップ数が多くなればなるほど自分の名前がブログ内でデカく表示されるのに喜びを感じていたゴンなもんで。汗)
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2
自宅でやってます(Y6長男)
今後また受ける予定は全くないんですけれども。念のため学年相応の必須語彙&レベルチェック用。
Cracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation)
キッズのお気に入り
子供達の最近のお気に入り。ドバイ→上海行きの飛行機の中で、歌いながら観ていました(汗)。
Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014


同じくドバイ→上海行きの飛行機の中で観たThe Book Thief.第二次大戦中にナチスドイツ支配下におかれた街でユダヤ人青年マックスをかくまうリーゼルとその養父母一家のお話。養父役のジェフリー・ラッシュ(パイレーツオブカリビアンのバルボッサ役)とルディ役の男の子がめちゃ良かったです。目から涙、鼻から鼻水。
The Book Thief [Blu-ray] [Import]

原書The Book Thief

は小学生高学年でも読めるので、IBスクールPYPのトピックWar and Conflictでも使えそう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男、旅にでる・2014。@上海インター

我が家の長男、ただ今、こちらで新しく転入したインターナショナルスクールの修学旅行に
出ております。

修学旅行@国際学校(インター)in上海



****************



相変わらず悪運のつよい長男、
イベント事にはちゃっかり上手いこと乗っかれてしまいまして、

今回は、かなり「お久しぶり」の学校からの旅行です。

以前3年生時に行かせてもらった「学校からの旅行」は
長屋風ロングハウスでの準キャンプ風の生活でしたが、
今回はなんと、「ホテル・ステイ」なんだそうで。



行く数日前から、
持って行く服をスーツケースに入れては出し、
出しては入れ、
「トイレットペーパーいるかな〜?」
「お菓子はこれとこれと〜♪」
「予備のパンツとUNOと〜♪」
・・・と、やたらと「予備」グッズを詰め込んでは、
荷物が多過ぎて出す羽目に。

そしてせっかく買った帽子も、
当日朝に浮かれまくって家を出たので
すっかり持参するのを忘れているという(苦笑)。





・・・・・





全くもって、独断(&偏見入りまくり)的な意見でありますけれども、
特に、小学校、プライマリーで*イギリス式(の国際学校・インター含む)を経験させるのって
個人的には好きです。
(*中・高校ではその限りに有らず、という意味。)




アメリカ式(インター含む)の、パワフルで、派手で、にぎやかで、
個人の主義主張を全面に押し出した感じや
自発性を常に求められる面も、
人間が今現在の国際社会で生きて行く上で無くてはならない重要な要素なので
それはそれで非常に価値があるのですが、

個人主義的な要素がイギリス式よりも強いからか、
「底上げ」的な発想や、「共同で」といった意識、
「ガマン」といった、自分をアピールしないファクターには
あまり注力しないというか、

要するに
「アピールしなければ(地味に努力してても結果が出せなければ)、
永遠に放っておかれる」という面も、
イギリス式よりも強いように感じられて、
非常にシビアな世界だな・・・と思うわけであります。

キャンプだって、行きたきゃ勝手に自分たちで行け、みたいな。




一方でイギリス式の学校では
「底上げ」も全くない訳ではなく、
全体的なバランスをアメリカ式よりは多少重視はするし、

小学校時代に規律とか目上を尊重するとか、
生徒「みんな」で、地味〜な掘建て小屋キャンプやテントでの生活を経験して
自然のなかで共生する感覚を体験する(させる)とか、

ちょっと厳しめ(というか、「地味」?)な環境で「皆そろって」自分を見つめ直すような、
イギリス式のしつけの仕方(っていうんですかね?)が体験出来るのは
やはり、イギリス式ならでは、という気もするんですよね。


・・・単に、好みの問題、とも言えますけれども。





まあ、今回はなんてったって「ホテル」←(・・・どんな?)に宿泊するわけですし、
それも3日間だけ、と短くて自炊もしないだろうし
楽しいアクティビティだけだと思うので

この3日間だけで大きく意識が変化するとか、
自立を促進するとかいうような事は
あまり期待すべきでないのかもしれませんけれども、


この3年近く、「学校からの旅行」というものに縁がなかった長男にとっては
ちょうど良さげな期間なのかもしれません。

(Y4の時の学校は5、6年生合同の修学旅行しかなく、
G4〜5の学校では、小学部の旅行自体が全く無かったという・・・
その代わり中学・高校部ではやたらと海外遠征試合やトリップが毎月てんこ盛りで、
小学部は忘れられた存在となっていたような・・・。
全く旅行がないというのも、ちょっと寂しいもんです。)





生徒の皆が、楽しんで帰って来れますように♪





関連記事
THEME:海外で育児 | GENRE:育児 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ただ今読書中(次男ショウY4)

パフィン・チョークシリーズのクラシック版。中身はマスマーケット版の安い本と同じですが、挿絵の数がより多くて表紙の絵も素敵です。紙の端部分がわざと不揃いになっていて「昔風の装丁」っぽいのがオシャレ。一日1チャプターで読んでます。
Alice's Adventures in Wonderland (Puffin Chalk)

次男、このシリーズばかり図書室で借りてきます(涙)。
Captain Underpants and the Attack of the Talking Toilets


・・・なもんで、家では課題図書?としてこちらを一日1チャプター音読させております。
このハードカバー・コレクターズ版の良い所は、挿絵が美しくて、しかも、1チャプターが2〜5ページ以内で終わるところ。毎日1チャプター読ませても10分以内で済むのが超便利。ディズニーアニメしか知らなかったワタクシなどにとっても原作のピノッキオの奥深さを改めて認識させてくれた本であります。単語が所々難しいので、親子で一緒に読むのにおすすめ。ミドルスクーラー以上のお子さんだったら一人で読めます。
Pinocchio (Everyman's Library Children's Classics)
ただ今読書中(次男ショウY3)
次男のお気に入りウィンピーキッズシリーズ第8巻。自分でダイアリーを「作る」←(「書く」では・・・?)と言い出すほどの影響力。
Diary of a Wimpy Kid #8 - Hard Luck


相変わらずWimpy Kidsシリーズにばかりハマっている次男を見かねたパパが英語の本屋で「中国にいるならこれを読めっ!」と勧めたのがこちらのマルコポーロ。少年時代に中国に滞在し、フビライ・カーンに仕えていたころなどのマルコポーロの様子も簡単な英語で書かれているのでちょうど2〜3年生レベルに最適。
Who Was Marco Polo? (Who Was...?)
自宅でやってます(Y3次男)
学業面でも相変わらずマイペースすぎる(涙)次男むけ。
Scholastic Success With Reading Comprehension, Grade 2


中身は↓こちらと全く同じ。下が旧バージョン、上は新バージョンです。

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。